Information

2016.07.10
  • FP雑学(知っ得情報)
  • ブログ

ファイナンシャルプランナーの見分け方 FP資格をとったきっかけを聞く

私は、自分のためにFP資格を取りました。
資産運用の役に立つと思ったからです。
今思えば、マインドレベルが低かったですね。
自分が幸せになれればいい、という考えです。

 
色々なファイナンシャルプランナーに会ってきました。
FP資格に興味を持った理由は比較的少ないです。

 
・学生時代にとってみた(就職活動)
・会社で取らされた(金融)
・子育て中に勉強してみた。
・仕事に行き詰まりを感じた。
・家を買うのに勉強した。
・社員のサポートのため(人事、総務、労務)
・セカンドライフに備えて
・定年して時間があったから。
・なんとなく興味があった。

 
大体これくらいです。

 
どうですか?大した理由はないことがわかります。
お客様のためにとか、社会を変えるぞ!
みたいな高潔なマインドはありません。

 
だから、聞いて確認したいのです。
何のためにFP資格を取得したのかを。

 
マインドの低いFPに相談すると、
問題が解決できないばかりか、
マイナスに作用することさえあります。

 
営業全開で、お客様のニーズは二の次。
それでは認められないし、世の中に広まらないでしょう。
是非、FP取得のきっかけを聞いてください。

 
いきなり聞けば本音が見え隠れするはずです。

 
本気で仕事に取り組んでいるか、すぐわかります。

 

作成:高橋成壽


お金や生活に関する豆知識、セミナー情報、相談に関するお得な割引特典など、ちょっと得するお金のメールマガジンの情報が欲しい方は、こちらからメールアドレスをご登録ください。
※メールは不定期配信となります。
※不要な場合は簡単な操作で配信停止できます。